Install & Configs

本ワークショップはローカル環境での実施を推奨します。 ローカル環境でのnode.jsnpmのセットアップが困難な方は、AWS が提供するクラウドベースの統合開発環境 (IDE)であるAWS Cloud9をお使いください。 詳しい手順は10.1. Cloud9のセットアップをご覧ください。 ただし、Amplify Mocking(手元での動作確認)には20002番ポートが利用可能である必要があり、一部の Cloud IDE では利用できないことがあります。 あらかじめご了承ください。

コーディングを始める前に、いくつかのソフトウェアをインストール・アップデートしたり、環境設定を行います。

Node.js/npmのインストール

Amplify CLIではNode.jsで10.x、npmでは6.x以降のバージョンが推奨されています。 本セクションではAmplifyの推奨バージョンのNode.js/npmがお手元の環境にインストールされているか確認します。 その上でNode.js/npmのインストールが必要な方のみ、インストール手順を実施していただきます。

  1. バージョンの確認を置こうため、ターミナルで次のコマンドを実行してください。

    node -v; npm -v
    # 以下は実行結果の例
    v12.16.1 # <-Node.jsのバージョン
    6.13.4 #<- npmのバージョン
    
  2. Node.js 10.x以降のバージョンをお使いの方は次のセクションにお進みください

  3. Node.js 10.xより前のバージョンをお使いの方、あるいはNode.jsがインストールされていない方は、ご自身で対処いただくか、次の手順にしたがってNode.jsのインストールをお願いします

  4. インストールができたことをご確認ください

    node -v; npm -v
    

パッケージ管理ツールであるnpmは、Node.jsのインストール時に自動的にインストールされます

Java のインストール

Amplify MockingはOpenJDK 1.8 以降のJavaのランタイムを必要とします。 本セクションではAmplify Mockingが求めるバージョンのJavaがお手元の環境にインストールされているか確認します。 その上でJavaのインストールが必要な方のみ、Javaのインストール手順を実施していただきます。

  1. Javaバージョンの確認

    java -version
    # 以下は実行結果の例
    openjdk version "1.8.0_232"
    OpenJDK Runtime Environment Corretto-8.232.09.1 (build 1.8.0_232-b09)
    OpenJDK 64-Bit Server VM Corretto-8.232.09.1 (build 25.232-b09, mixed mode)
    
  2. OpenJDK 1.8以降のバージョンをお使いの方は次のセクションにお進みください

  3. OpenJDK 1.7以前のバージョンをお使いの方、あるいはJavaがインストールされていない方は、ご自身でアップデートいただくか、次の手順にしたがってJavaのインストールをお願いします。本手順では、AWSが提供する本番環境対応の無償OpenJDK DistributionであるAmazon Correttoのセットアップ方法を紹介いたします。

  4. インストールができたことをご確認ください

    java -version
    

MacOSでパッケージ管理ツールのbrewがインストールされている場合、$ brew cask install correttoでインストール可能です。

Amplify CLIのインストール

Amplfiy CLIのインストールのため、ターミナルで次のコマンドを実行してください。

# Install the AWS Amplify CLI
npm install -g @aws-amplify/cli@4.16.1

すでにAmplify CLIをご利用されている方も、指定のVersionに合わせて再インストールをお願いします。

Amplify CLIの設定

本ワークショップではAmplify CLIを使ってバックエンドの構築を行います。Amplify CLIがバックエンドに接続できるようにするためのIAMユーザの作成と認証情報の設定を行います。

amplify configure

amplify configure コマンドを実行すると、「Sign in to your AWS administrator account:」が表示されます

このとき、ルートユーザーでのログインが求められる場合がありますが、必ずしもルートユーザーである必要はありません。 「Amplifyが必要とする権限をもったIAMユーザー」を作成可能なIAMユーザーでログインしてください。

Enter キーを押すと使用するリージョンや IAM ユーザー名を訊かれます。リージョンにはus-east-1を選択し、他は全てデフォルトを指定します。

https://console.aws.amazon.com/iam/~~ から始まるURLが発行されるので、別のブラウザでこのURLにアクセスします。

confirmation

※もしURLが発行されない場合は ここ にアクセスして、任意のユーザ名を入力してください。

画面に沿って IAM ユーザーを作成します。特に選択肢や設定を変更する必要はなく、次に進めていきます。

Adimin権限をもったIAMユーザーを作成することに抵抗のある方は、こちらを参考にIAMポリシーを作成してください。

  1. ユーザー作成 create iam user
  2. IAM ポリシーのアタッチ attach policy
  3. タグの追加 adding tags
  4. 作成内容の確認 confirmation
  5. ユーザー作成完了しましたが、この画面を閉じないでください! confirmation

ターミナルに戻り、Enter キーを押します。アクセスキーID、シークレットアクセスキーID を訊かれるので、ブラウザの IAM ユーザー作成完了画面に表示されているものをコピーしてください。
Profile Name はデフォルト(default)のままでもよいですが、後からわかりやすくするためにここでは amplify-handson とします。

inputcredentials

コンソール上に「Successfully set up the new user.」と表示されることを確認してください。

これで、作成したIAMユーザの権限でAmplify CLIからコマンドを発行できるようになりました。

AWS CLIがインストールされている場合は次のコマンドで作成したProfileを確認することもできます。 (インストールされていない方は実行する必要はありません)

aws sts get-caller-identity --profile amplify-handson
{
    "UserId": "XXXXXXXXXXXXXXXX",
    "Account":  "YYYYYYYYYYYY",
    "Arn": "arn:aws:iam::YYYYYYYYYYYY:user/amplify-ZZZZZ"
}